毛穴の黒ずみがもたらされる原因には、大きく分けて3つあります。

毛穴の詰まりや汚れ、古い角質などは皮脂が含まれた角栓が酸化することで黒ずみに変わります。ただ単にスキンケアの不足によって毛穴が汚れていることも考えられますが、必要以上にスキンケアをし過ぎることでも黒ずみになる可能性があります。

 

洗いすぎ・ふき取りすぎ

 

顔のテカリを取り除く方法であぶらとり紙の使いすぎや、クレンジングで過度に洗ってしまうとにより、皮脂の分泌が過剰となり、黒ずみができやすい肌になります。

 

また、肌をきれいにするからという理由での洗いすぎは肌の乾燥を促すことで、毛穴が開き、つまりやすくなっていくのです。

 

メラニン

 

メラニンは紫外線によって肌を守ることから作られます。メラニンは茶色い色素なので、シミの原因にもなってしまいます。このメラニンが影響を及ぼすことにより、毛穴が黒ずんで見えることがあります。

 

メラニンが作られる理由には、紫外線を受けたり摩擦することにより、肌に負担をかけます。また、肌に合わない化粧品を長期間使うことで皮膚の負担が増えることも考えられます。

 

うぶ毛

 

毛穴を鏡で確認した時に毛穴にうぶ毛が生えていることがあると思います。しかし、前述した毛穴の汚れやメラニンの影響がもとのシミではなく、うぶ毛によって毛穴が黒ずんでいるのかもしれません。

 

すると、短いうぶ毛が毛穴に埋まることにより、皮膚から透けて黒く見えている場合があります。せっかく肌のケアしていても、効果がなぜか見られない場合の原因には、毛穴のうぶ毛が影響している場合もあります。

 

\毛穴の汚れで気になる黒ずみ対策したい敏感肌の方にもおすすめです!/

おすすめ